投稿日:

櫻子と宇賀神

ってことで、突撃の保障をする素行。移れる選手。山田や永井。ワシントンにところを取らせるために働く。ポンテの保障に走り回る、はたらく。
或いは、遊び化粧を小野伸二がして、ポンテは得点することに集中という感じで、あの2階級やっていましたね。
結果はさすがに良かったですし、リーグ優勝して、アジアもACL優勝ということになりましたね。
で、今の浦和なのですけれども、まさしく見てみると、おなじようなサッカーに近づいているのですが、残念ながら、そんなメンツがいない。という素行。
それをやるのであれば、個で打開こなせる選手、前線に低質2枚。あとは。立場にロベルトカルロスまでは言わないけれども、カフーも無論そうですから、そんな選手が一体全体、今のチームにおけるのか、いないでしょ。
も、それを決めるとするのが、悩み。
みんな突撃。みんな守備ね。これある意味規範ですのですけれども、それは、正直なところ不可能かと思いますけれどもね。
そんなこともね。
これって、本質的なのかもしれないし、じつは。プロデューサーは1番わかってはいないのかもしれない。凄まじいものですね。というため、置きかえるしかないという。
が、変えようって断ち切るから、ボイコットしかないわね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です